Hello!!!!!! Buona tavola Tricolore ボナ タボラ トリコローレ

岐阜県大垣市にあるイタリアンベースの美味しいお食事とワインのお店です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第21話

第19話
第20話

不似合いな男は
下を向いているのか、何かしゃべっているのか分からない。
寂しい背中をしているが俺には関係ない。

関係はないが、俺の街を見下しているようで何か気にさわる。


もうすぐたけるの店が開く時間になる。
歩いて行けば、ちょうど開店時間ぐらいになるだろう。
いや、ランチの時間に言ってもアレか?

時間をはずそう。
遅めのモーニング、いや早めのランチに駅ビル1階の焼きたてパン屋に行こうと展望室のエレベーターに向かった。

その時、
あの男は、何かを思い出したかの様になんて言うのか声にならない声を出し煙草を床に叩き付け、俺の方に向かってきた。
怪訝な顔で向かってきた。
俺は少し後ずさりした。

男は、俺にぶつかるも真っ直ぐ走っていた。
向かう先は俺じゃなく、エレベーターだった。
面倒な事にはしたくないが「おい」と声をあげてしまったが、男には届かないでいた。

ちょうどのタイミングできたエレベーターに、俺も起きあがって追って乗ることは出来たが
やはり面倒な事になりたくない気持ちの方が勝り、もうひとつあるエレベーターがくるのを待った。
憤りを感じながら、もうひとつを待った。


どこか冷たいエレベーターは高層階から1階までいくつもの階に止まり、俺を運ぶ間にさっきの出来事を無かったことにさせてくれた。


時間を潰す為と、少しの空腹を満たす為に入った焼きたてパン屋は、心地よい声のJack Johnsonが流れていた。それがまたよりさっきの出来事をよりなしにさせてくれた。

パンを2つとホットコーヒーをレジで会計し、窓際の席に着いた。
窓際の席を選んだのは、違う角度で街(いなか)を見たかったのかもしれない。
財布にあるたけるの店のショップカードを取り出した。
今まで見ないようにしていたのか、しっかり見るのは初めてだ。

藍というより濃いアースカラーの背景に、白いしゅんとした字体で「sphera cafe」と書いてある。
裏には、time,closed,addressと店の詳細が書かれてある。
最後にabout see,saw,seaと。
直訳でいいのか、見る、縫う、海。
・・・。
つまるところの意味は分からないが、たけるの店ののたけるの想いが詰まっているのだろう。

それには俺は関係ないが、たけるに聞けば分かる事だし、たけるにもうすぐ会えるのは事実だという事。

  1. 2009/06/23(火) 15:02:47|
  2. a novel (coffee cup)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第24話 | ホーム | 第18話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://count123456.blog73.fc2.com/tb.php/46-658bf61d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。