Hello!!!!!! Buona tavola Tricolore ボナ タボラ トリコローレ

岐阜県大垣市にあるイタリアンベースの美味しいお食事とワインのお店です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第39話

第37話
第38話


電気が消えるも俺はずっと天井を眺めていた。
思いつめることがあるわけじゃない.
10年ぶりに帰ってきたんだ思うことがないわけでもない。

ただ、田舎がどうとか実家に帰らなくちゃとかそういう思いは不思議とそれほどなかった。

充実した長い1日疲れて眠くなる理由は十分すぎるほどあるはずなのに眠くない。
眠れないというニュアンスではなく、どこかすっきりしふわーっと揺れている感じ。

この感じなぜかは分からなかったが、俺が俺の中で整理するに答えが見つかった。
「料理」だ。

俺は、有名店と言われるイタリアンのシェフであるが自覚がなかった。
自覚がないというのは、そんなもの誰でもなれるという思いがあったからだ。
時間が過ぎ、1日経って2日経つ。それが1年経って5年10年。
日が経てばそりゃあ誰でも腕になる。
修行はつらいという人間もいるが、俺に他にやりたい事もなかった。ただ料理がやりたいという純粋な気持ちもなかったが、たけるに誘われて最初に入った世界が料理だったというだけ。
ただそれだけ。
日常を繰り返し、自然に料理の腕はついた。
ただ、それだけだと思っていた。


それが今日、たけるの店で一緒に仕込みをしたり、料理の話をしたり。
もちろん、俺とたけるは違うから仕込みにしろ何にしろ気になる点は出てくる。
今までは、それはそれだったが、それを自分に取り入れたいという気持ちが大きくあった。
その技を盗みたい、成長したいという気持ちを初めて感じた。
たけるもまた逆で、俺の意見を柔軟に取り入れる姿勢を見せてくれていた。
時間を忘れるくらい話をしていた。 
それが全く苦ではなく。むしろ時間が足りない位だった。


ただなんとなくの10年はやはり大切な10年だったのかもしれない。


たけるを見ると、大きな口を開けて眠っている。
笑っているみたいだ。

  1. 2009/07/06(月) 13:47:50|
  2. a novel (coffee cup)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<顔面神経麻痺 | ホーム | そういえば昨日。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://count123456.blog73.fc2.com/tb.php/54-9ad3ccde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。