Hello!!!!!! Buona tavola Tricolore ボナ タボラ トリコローレ

岐阜県大垣市にあるイタリアンベースの美味しいお食事とワインのお店です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第42話

第40話
第41話

目が覚めた。
一瞬ここがどこか分からない気がした。
それだけ深く心地良い眠りについていたという事だろう。
椅子を並べただけの窮屈な簡易ベットで俺は目覚めのいい朝を迎えた。
あれだけ朝が嫌いだったのに。
いつも酒が残っている気怠い朝が嫌いだった。


こっちに帰ってこれば毎朝こんないい朝が迎えられるのかなんて思った。



たけるはいない。もう仕込みに入っているのか?
その割に静まりかえっている。

「たけるー?」

反応がない。

ここの空間に俺以外誰もいないのかの様に静かだ。
俺は物音しない厨房へ向かった。


目を閉じて上を見ているたけるがそこにいる。

「なんだよ。たけるいるんじゃないか?返事ぐらいしろよー。びっくりするじゃないか。」

たけるの反応はない。

「なんだ?精神統一か? 腹減っただろ?厨房と少し食材借りていいか?朝ご飯作るよ。と言ってもパンとオムレツでいいか?」

と、ボールに卵を割り入れ、塩・胡椒。少々のナツメグとパルメザンチーズ。
そうだ、たけるが作ったブイヨンを少し入れてみるか。

パンを焼いて、お皿にサラダを盛る。
コーヒーを注いで鉄のフライパンを熱する。
十分に熱したフライパンにバター・オリーブオイルに混ぜ合わしておいた卵を流し入れる。
あとは、ささっと自分の感覚に任せる。

そうするとふわふわのオムレツが仕上がる。

固まりすぎず、柔らかすぎず我ながら上出来だ。
ここでもまた10年間やってきたんだという事実を確認したような気がした。
それもまた清々しい朝のプラスになった。

「おーい。たけるまだやってるのか?早く食べようぜ。」

ようやくたけるは動いた。

「やっと来たか。おはよ。たける意外と変な習慣があるんだな?毎日やってるのか? まいいや温かいうちにさあ食べてよ。」

たけるはにこりと笑うも何も言葉を発する事なく食べ始めた。

たけるはフォークを握る様に持って食べている。
使いづらそうに握って食べている。
食べづらそうに握って食べている。

たけるは何も話さない。
いただきますもおいしいも何も話さない。
  1. 2009/07/09(木) 18:13:28|
  2. a novel (coffee cup)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<relax | ホーム | webでposter   Wepos(ウェポス)始めました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://count123456.blog73.fc2.com/tb.php/59-5a2a98aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。