Hello!!!!!! Buona tavola Tricolore ボナ タボラ トリコローレ

岐阜県大垣市にあるイタリアンベースの美味しいお食事とワインのお店です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第72話

第70話
第71話


シックスが俺の肩を抱き走った。
ポムラとシックスの動きがなければ、みんな捕まっていただろう。
ポムラはどうなったか分からない。
ポムラを信じて走るしかない。

シックスの力は弱々しくも力強く俺の肩を抱く。

刺激的な匂いが俺の鼻をさす。
シックスからだ。
雨にも流されないタバコの匂い。
全身に染み付いてる様な深く濃い匂い。


「大河、料理人ならタバコは止めるべきだ。」
よく、たけるが言ってた。


俺は、友達というのが苦手だった。
苦手というのか、1人が気楽でいい。
この何も景色に邪魔の入らない、小さな田舎を一望出来るこの山に俺はいつも来ていた。
何にも流されずここで1人でいる時間が好きだった。
ここでポータブルCDプレーヤーで音楽を聞いている時間が好きだった。

ある放課後1人の男が声を掛けて来た。
「ボブディラン好きなんだね。」
それが、たけるだった。

「机の上にCD置いてあったでしょ。昼休みに見たんだ。俺も好きなんだ。詳しくはないんだけど、その時代の曲がすごく好きで、まさかこんな近くに好きな人がいるなんて。」

馴れ馴れしく話しかけるたけるが初め俺はどうしても苦手だった。

しかしいつしか、俺の好きな場所に案内する様になったんだ。
誰1人一緒に来た事のない場所に。

いろんなCDを俺に聞かせてくれた。
いろんな雑誌を俺に見せてくれた。
またいろんな所に連れて行ってくれる様になった。
いつか小さくてもいい俺の自慢の店を持つんだ。
たけるのいろんな夢を聞かせてくれた。

たけるは、いつも輝いていた。そんなたけるに俺は惹かれ一緒にいる事が多くなった。

そして、たけるに薦められた音楽を聞き
たけるに薦められた服を好み
たけるに薦められた料理の世界に入り
たけるの前ではタバコを吸わなくなった。
そして、だんだん俺は俺という個人が無くなっていった。

たけるの流れに乗り、それが心地いいと感じていた。
しかし、それが無意識の内に圧力となっていったのかも知れない。
無意識の内に俺が勝手にたけるを圧力に仕立て、俺を閉じ込めていたのかもしれない。

朝、たけるにもらったコーヒーカップにコーヒーを入れる。
夜、たけるにもらったコーヒーカップにビールを入れる。

たけるにもらったコーヒーカップに口をつけるたびに俺は無意識にたけるを思い出していた。

俺は俺というものがない。
たけるの顔を伺うと言う事はないものの、俺は俺というのはたけるによって形成されている部分が多い。

圧力をかけているたけるをディアボラ(悪魔)と言うつもりはない。
俺が勝手に思っているだけだから。
そう思う俺の心の中の押さえ込まれているディアボラを押し潰して消してしまいたい。





  1. 2009/08/19(水) 21:33:40|
  2. a novel (coffee cup)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<遊び | ホーム | 第69話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://count123456.blog73.fc2.com/tb.php/78-60b48418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。