Hello!!!!!! Buona tavola Tricolore ボナ タボラ トリコローレ

岐阜県大垣市にあるイタリアンベースの美味しいお食事とワインのお店です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第87話

第85話
第86話


土砂降りの雨の中俺は走った。


くそったれ。



俺は、東京に向かう。
確信なんてない。
何が本当で、何が正しいのか俺には分からない。

記号が希望か絶望かどちらかの鍵になる。
記号が正しければ希望の扉が開き
間違えれば絶望の扉が開くのだろう。





ポムラにたけるを託したそのその時
昨日シックスといた全身黒い衣服の女性が現れた。


「シックスが、いいえ世界が危険なの。もう時間がないわ。」と。

話を続けようとしたが、
「もういい。分かったから。」とポムラが切った。
ポムラは俺の方を見、うなずきカフェを出た。





3日。
いつからの期限か俺には分からないが
ただタイムリミットは刻々と過ぎているだろう。
時間がないのには変わらない。

黒く塗りつぶされた丸の下に棒線の記号。
一見鍵穴に見えるその記号。
それに矛盾と言うキーワードを足す。



矛盾。



ポムラが言っていた
エプロンに描かれたコーヒーカップが
こちらの世界ととあちらの世界では上下逆さになっていること。

上の世界と下の世界。
天の世界と地の世界。
表裏一体の鍵穴になるのは


コーヒーカップだ。
記号は真上から見たコーヒーカップだ。


確信はないが迷っている時間はない。


俺はたけるにもらった俺の家のたった1つしかないコーヒーカップを取りに東京に向かった。

じっと待つ余裕はない。
タクシーを待つより走った方が考え込まなくていい。


23:28
駅に着いた。

23:35に最終の東京行き夜行列車がある。
東京に着く間に
ひどく長くひどく疲れた1日が終わる。


東京に着く間にも短いタイムリミットは非情にも進む。
俺は売店でビールを3本とマイルドセブンライトと100円ライターを買って列車に乗った。


  1. 2009/10/17(土) 21:57:34|
  2. a novel (coffee cup)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高山ラーメン | ホーム | 鰤大根>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://count123456.blog73.fc2.com/tb.php/97-30b95056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。